視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-08 20:41 | カテゴリ:ショパン
ラファウ・ブレハッチ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラファウ・ブレハッチ(Rafał Blechacz, 1985年6月30日 - )は、ポーランドのピアニスト。
2005年の第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝者である。

ポーランドのクヤヴィ・ポモージェ県にあるナクウォ・ナド・ノテチョン(人口約2万人)にて、敬虔なクリスチャンの家庭に生まれる。
両親とも音楽家ではないが、ブレハッチは幼い時から教会のオルガンを弾くようになり、教会牧師の勧めで4歳からオルガンを、5歳からピアノを始めた。
クヤヴィ・ポモージェ県の県都ブィドゴシュチュ(ビドゴシチ)にあるルービンシュタイン音楽学校を卒業後、フェリクス・ノヴォヴィエイスキ音楽大学に学び、カタジーナ・ポポヴァ=ズィドロン教授に師事した。

青少年のためのポーランド・ショパンコンクール第2位(1999年)、アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール第2位(2002年)などを経て、2003年の第5回浜松国際ピアノコンクールで初めて国際コンクールに参加した。
浜松国際コンクールでは、1位該当なしの2位に入賞する。コンクール参加時点まで、ブレハッチの自宅のピアノはアップライトであったため、これを知ったワルシャワ市が日本出発前の2ヶ月間、彼にグランドピアノを貸与したという逸話が残っている。
2位入賞の獲得賞金で、彼は初めて自分のグランドピアノを買うことができた。
浜松コンクールの翌年、2004年に第4回モロッコ国際ピアノコンクールで優勝する。

2005年10月、ラファウ・ブレハッチは第15回ショパン国際ピアノコンクールで優勝した。
彼は同時に、マズルカ賞(ポーランド放送)・ポロネーズ賞(ポーランド・ショパン協会)・コンチェルト賞(ワルシャワ管弦楽団)・ソナタ賞(クリスティアン・ツィマーマン)も併せて総なめにした。
同コンクールで「2位なし」の審査結果が出たのは史上初の出来事であった。
ポーランド人の優勝者は、1975年の第9回コンクールを制したツィマーマン以来6回目(30年ぶり)となる。

2006年、ブレハッチはドイツ・グラモフォンと専属契約を締結した。
ポーランド人の演奏家が同社と専属契約を結んだのは、先輩ピアニストのクリスティアン・ツィマーマン以来2人目となる。
2007年10月、CDデビュー盤としてショパンの「24の前奏曲」が発売された。

ブレハッチはショパン・コンクール優勝後も、2006年・2007年・2009年に来日公演を行った。2007年来日公演時のインタビューで、彼は「バッハのオルガン曲に魅せられて、音楽の探究を始めた」と語っている。

一見したところショパンに雰囲気がよく似ていると指摘される。
ブレハッチがショパンになんとなく似ていることは2005年のショパンコンクールでも話題になった。


ワルツ第7番
(ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレデリック・フランソワ・ショパンのワルツ第7番嬰ハ短調作品64-2は、作曲者生存中に出版されたワルツの最後のもの。
主題にマズルカが採用されるなど、ショパンの作曲技術の集大成といえる。

Tempo giusto、4分の3拍子。
変則的なロンド形式または複合3部形式(A-B-C-B-A-Bの順に各主題が循環する)。

ショパンのワルツは実際の舞踊と離れ、演奏のみが目的であり、シューマンに「もしワルツに合わせて踊るのであればその相手は貴婦人でなければならない」と評されている。
本作もこの傾向にそっており、華麗なる大円舞曲や華麗なる円舞曲とは対照を成している。

冒頭は6度の和声で左手のワルツリズムに乗って、右手がマズルカを奏でる。

Più mosso (音楽用語)(読み:ピウモッソ)それまでより速く。
空回りするような右手の繰り返し音形。中間部では変ニ長調に転調し、穏やかな半音階。再びpiu mossoの部分が繰り返され、冒頭の主題が更に続く。
最後はまたpiu mossoの音形が繰り返され、消え入るように終わる。

ショパンの作品の中では、比較的演奏が平易であることから、愛好者も多い。

2008-06-03 18:00 | カテゴリ:ショパン
ラファウ・ブレハッチ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラファウ・ブレハッチ(Rafał Blechacz, 1985年6月30日 - )は、ポーランドのピアニスト。
2005年の第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝者である。

ポーランドのクヤヴィ・ポモージェ県にあるナクウォ・ナド・ノテチョン(人口約2万人)にて、敬虔なクリスチャンの家庭に生まれる。
両親とも音楽家ではないが、ブレハッチは幼い時から教会のオルガンを弾くようになり、教会牧師の勧めで4歳からオルガンを、5歳からピアノを始めた。
クヤヴィ・ポモージェ県の県都ブィドゴシュチュ(ビドゴシチ)にあるルービンシュタイン音楽学校を卒業後、フェリクス・ノヴォヴィエイスキ音楽大学に学び、カタジーナ・ポポヴァ=ズィドロン教授に師事した。

青少年のためのポーランド・ショパンコンクール第2位(1999年)、アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール第2位(2002年)などを経て、2003年の第5回浜松国際ピアノコンクールで初めて国際コンクールに参加した。
浜松国際コンクールでは、1位該当なしの2位に入賞する。コンクール参加時点まで、ブレハッチの自宅のピアノはアップライトであったため、これを知ったワルシャワ市が日本出発前の2ヶ月間、彼にグランドピアノを貸与したという逸話が残っている。
2位入賞の獲得賞金で、彼は初めて自分のグランドピアノを買うことができた。
浜松コンクールの翌年、2004年に第4回モロッコ国際ピアノコンクールで優勝する。

2005年10月、ラファウ・ブレハッチは第15回ショパン国際ピアノコンクールで優勝した。
彼は同時に、マズルカ賞(ポーランド放送)・ポロネーズ賞(ポーランド・ショパン協会)・コンチェルト賞(ワルシャワ管弦楽団)・ソナタ賞(クリスティアン・ツィマーマン)も併せて総なめにした。
同コンクールで「2位なし」の審査結果が出たのは史上初の出来事であった。
ポーランド人の優勝者は、1975年の第9回コンクールを制したツィマーマン以来6回目(30年ぶり)となる。

2006年、ブレハッチはドイツ・グラモフォンと専属契約を締結した。
ポーランド人の演奏家が同社と専属契約を結んだのは、先輩ピアニストのクリスティアン・ツィマーマン以来2人目となる。
2007年10月、CDデビュー盤としてショパンの「24の前奏曲」が発売された。

ブレハッチはショパン・コンクール優勝後も、2006年・2007年・2009年に来日公演を行った。
2007年来日公演時のインタビューで、彼は「バッハのオルガン曲に魅せられて、音楽の探究を始めた」と語っている。

一見したところショパンに雰囲気がよく似ていると指摘される。
ブレハッチがショパンになんとなく似ていることは2005年のショパンコンクールでも話題になった。

子犬のワルツ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小犬のワルツ(こいぬのワルツ, Valse du Petit Chien)はフレデリック・ショパンが作曲したピアノのためワルツである。
デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられた。

* 演奏時間:1-2分。
* 作曲時期:晩年の1846-48年
* 原題
o 原語名:Valse Op.64, No.1
o 日本語名:ワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1

作品64は3曲からなっており、第2曲の有名な嬰ハ短調ワルツ、最後の転調色彩感あふれる変イ長調ワルツと対照を成している。
第1曲に第一義明朗な作品、以降の曲に陰鬱深刻なそれを組み合わせるのは作者の常であり、「華麗なる円舞曲」や「軍隊ポロネーズ」も同様の手法で公表されている。

作曲の経緯
子犬が自分の尻尾を追い掛け回している情景にヒントを得て作曲したものだといわれている。
この曲は英語では「1分間ワルツ」(Minute Waltz)という愛称でも親しまれている。

なお中盤の高く短い音は子犬がつけた鈴の音といわれている。

曲の構成
複合三部形式による。
第1部のリズミカルで美しいスケールとトリオの甘いメロディが特徴的。
変ニ長調の右手のモノローグの後に左手のワルツリズムが規則的に現れる。
時に右手は人の心を歌い、左手は指揮者であると評される。

FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。