視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-01 01:03 | カテゴリ:その他
ノラちゃんのピアノ演奏、続編。

トリルが、上手い!。

以前よりも上手になっていますね。

スポンサーサイト
2008-03-04 23:10 | カテゴリ:その他
2008-03-04 22:55 | カテゴリ:その他
2008-02-26 20:28 | カテゴリ:その他
2008-02-25 00:39 | カテゴリ:その他
2008-02-24 15:17 | カテゴリ:その他
めちゃ、かわいい。

とっても上手な演奏です。

特に、トリルっぽい連打をしているところが最高。

2008-02-24 15:08 | カテゴリ:その他
発車メロディ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

発車メロディ(はっしゃメロディ)とは鉄道駅において乗降中の利用者に列車が発車することを発車ベルに代えて伝える音楽あるいはそのシステムである。
JR東日本(首都圏)の代表的な発車ベルスイッチ
鉄道ファンの間では発メロ(はつめろ)、駅音(えきおん)、駅メロ(えきめろ)などと呼ばれる。

列車発車時に使用されるメロディ・チャイム・ブザーなどを一まとめにして発車ベルと呼ぶこともある。

東日本旅客鉄道(JR東日本)
現在一番多くのメロディを使用する東日本旅客鉄道(JR東日本)では旧・日本国有鉄道(国鉄)時代の1970年代後半から電子音化したベル(「ピロピロピロ」という音)を使用していたが、多数の駅利用客から耳障りであるなどと不評であった。
そのため1988年の千葉駅での発車ベル廃止を経て女性社員らが主導となりプロジェクトを立ち上げ音響機器・楽器メーカーとして知られるヤマハに新しい発車メロディ放送システムの開発を依頼、1989年3月11日に新宿駅と渋谷駅に導入した。
この際にピアノや鈴、ハープといった音色と人の心を落ち着かせる雰囲気のメロディを採用した。
現在両駅は別のメロディを使用しているが、ヤマハのメロディは未だ鉄道ファンの間で人気がある。

1990年代に入り初期の発車メロディが好評を博したことを受けて他駅でも導入の機運が高まったが、以後の導入に関してはコストダウンを図ったシステムが採用された。
採用された代表的な会社が音響機器メーカーのUNI-PEX(ユニペックス)で、オカリナ奏者・宗次郎のメロディ『清流』や『雲を友として』などの他にオリジナル曲を採用した。
これらのメロディは同社が製造した自動放送装置と合わせるようにしてコストダウンを図ったと思われる。
なお、これらのメロディは東京近郊の駅で導入していたが宗次郎の曲は著作権の関係で同社横浜・八王子・東京・大宮支社管内の駅では2005年3月頃相次いで変更された。
2007年現在、宗次郎のメロディが使用されている駅は上越線高崎問屋町駅のみである。

1990年代後半から蒲田駅で「蒲田行進曲』が使われたり高田馬場駅や新座駅で『鉄腕アトム』のテーマ曲を使うなど、駅に関連する曲が使われる機会(いわゆる「ご当地ソング」)が増えた。

総じてJR東日本エリアではほとんどの駅の在来線ホームと一部の駅の新幹線ホームが旧来の発車ベルから発車メロディへ変更されている(元々発車ベルがなかった駅を除く)。
よって在来線ホームが未だに発車ベルのままとなっているのは少数に限られる。一方で、長野支社管内などでは元々発車メロディを採用していた駅が放送設備更新によりベル化したという事例もある。
なお、JR東日本の支社で発車メロディを全く使用していないのは新潟支社のみである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。