視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-01 21:54 | カテゴリ:CM曲
どこか懐かしい感じがするメロディーです。

ゆったりとした自然の田園、風景が浮かんできそうです。

スポンサーサイト
2008-03-04 22:52 | カテゴリ:CM曲
イオン (企業)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イオン株式会社は、日本国内外140余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。
本社は千葉県千葉市美浜区。東京証券取引所第一部上場。

概要
「イオン (ÆON)」とは、古典ギリシア語 αίών(aiōn、アイオーン)に由来するラテン語で、「永遠」を意味する(ただし、「イオン」というカタカナ表記は現代英語の発音に基づいていると思われる)。社名が似ている英会話教室のイーオン (AEON[1])、化粧品会社のイオン化粧品 とは資本関係も人的関係もない。また横浜岡田屋も、創業者がたまたま同姓だったため旧称が同じというだけである(偶然だが両者とも興りは呉服店)。

1997年に会社更生法適用を申請した「ヤオハンジャパン」(現マックスバリュ東海)や、2001年にやはり会社更生法適用を申請した「マイカル」、そして2004年に産業再生法適用を申請した「ダイエー」の再建に携わったり、地場スーパーマーケットやドラッグストアなどとの提携を盛んに行ったりと、事業の拡大が続いている。

かつては『連邦系経営』を標榜し提携先とは比較的少額の資本提携のレベルにとどめて、実際の運営は各社の自主的判断に任せる形をとっていたが、バブル崩壊以降トップマネジメントの強化へと方針の転換がおこなわれた。

人材採用については1990年代に縁故による採用を重視していたが、近年の人手不足により大量採用に方向転換をした。

事実上の創業者である岡田卓也の「狸や狐の出る場所に出店せよ」との言葉どおり、郊外型の大型ショッピングセンターを中心に出店。駅前や中心街に多くの店を構えるダイエーが業績悪化する中、ライバルのイトーヨーカ堂とともに小売業界を牽引している。

現在も郊外への出店攻勢を強めており、特に地方都市において旧来の商店街、地元資本のスーパーマーケット、百貨店衰退の大きな要因になっており、地方経済界ではイオンの出店攻勢を危惧する見方が出ている。

みずほコーポレート銀行をメインバンクとしており、同行が第2位株主になっている(ただし、マスタートラストを除く)。

財閥系・金融系の企業グループとのつながりを見ると、三菱グループとのつながりが深い。岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ”西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。

近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスやユニーより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。

現在の社長は創業者である岡田卓也名誉会長の長男、岡田元也。ちなみに民主党衆議院議員で鳩山由紀夫内閣の外務大臣を務める岡田克也は次男である。

イオン・デー
毎月11日をイオン・デーとし、「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」を行っている。これは、店内に設置された地域のボランティア団体などのレシート投函BOXに、当日の買い物のレシート(11日は黄色いレシートを発行している)を入れることで、集まったレシートの合計金額の1%を対象団体に還元するという社会貢献活動である。また、従業員が店舗の周辺の清掃活動を行う「クリ-ンロード」もこの日に行われる。

お客さま感謝デー
ジャスコ、マックスバリュ、サティ、ビブレなどの店舗で、毎月20日・30日(2月は30日がないので、絆の日の27日)にイオンカード各種(提携カードを除く)、イオンオーナーズカード、イオンシニアクラブカード、イオン銀行のイオンバンクカードのいずれかを店頭レジにて提示し、支払いを現金・イオンカード各種(提携カードを除く)・WAON・イオン商品券・マイカル商品券・イオンギフトカードのいずれかで精算した場合には、商品ごとに5%引となる。

お客さまわくわくデー
毎月5日・15日・25日の5のつく日は、イオンカード各種での支払いでときめきポイントが200円につき1ポイントのところ2倍の2ポイント付与か、WAONでの支払いで200円につき1ポイントのところ2倍の2ポイント付与される「お客さまわくわくデー」がある。なお、毎月10日の「ときめきW ポイント(2倍)デー」のみ以前と同様継続される。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。