視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-11 14:54 | カテゴリ:モーツァルト
私が好きなクラシック アイネ・クライネ・ナハトムジーク第一楽章 モーツァルト



私が好きなクラシック第一弾w ...サンプルピクチャーを載せてお届けします

【 モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 】


ネットの声


聞き惚れて勉強なんか出来ねえよ!!

・・・・・あ、なんか集中してきた(騙されやすい自分)



モーツァルトの曲は、ほとんどが集中力を上げることができるそう です。すごいですね。
科学的に証明されました。
でもこの曲は、a波がでるんで集中力ついてもねむくなっちゃいますね。



あ~マジで癒されてます。音楽聴きながら涙目の自分ww



この曲作った「モーツァルト」は、
まさに、天才ですよね^^

うpどうもです!!



癒される。さすがW・A・モーツアルト



この曲は知っていましたが、曲名までは分かりませんでした。

こういう曲名なんですね。



こんな素晴らしい曲他にないですね。

モーツァルトは著名なクラシック作曲家の中でもさらに群を抜いて ますね。

コメントを打つ速さも、いつもと違う気がする



とても有名な曲ですよね!
チャイコフスキーの曲も好きですがアイネ・クライネ・ナハトムジ ークも負けない位すきですなぁ!



小学校の放送委員の時、これとカノンを毎回かけていたのを覚えて います。
すごく好きです。



α波っが、でるそうです^^  落ち着きますよね。



この曲よく横浜の京急ストアで流れてるぞ。あまりに心地よい曲な ので、気が付いたらたくさんの買い物してた。まさか・・・



小学校の時、よく朝でこの音楽が流れてたなぁ。すっごく懐かしい ♪



ウィーンでモーツァルトに目覚めました。
タイトルとフレーズが一致して開眼です。今、ザルツブルクで聴い ています。
モーツァルトの生家でこの作品の入ったCD買っちゃいました。



論文書きながら聞いてます。
出先にいたのですが丁度クラシック聞きたかったので。
いやー落ち着いて書ける書けるw



メールチェックする間ずっと聞いていました♪
雑音が多い昨今なのでクラシックを聴いて落ち着きたい気分になり 調べたらあったので嬉しかったです。
ありがとうございました。


スポンサーサイト
2008-06-10 19:42 | カテゴリ:モーツァルト
ピアノソナタK.545
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ピアノソナタ ハ長調K.545は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した3楽章からなるピアノソナタ。
旧モーツァルト全集では第15番、新モーツァルト全集では第16番である。
モーツァルトが、「初心者のための小さなソナタ」としたこの作品は、ソナチネアルバムにも収められており、ピアノ学習者にはおなじみの曲となっている。

作曲年 : 1788年夏

曲の構成
* 第1楽章 Allegro ハ長調 4/4拍子
ソナタ形式。ピアノ学習者ではない人でも聞いたことがあるであろうこの第1楽章は、ピアノ初心者の練習には最適な曲となっている。
展開部がト短調で始まり、再現部は下属調であるヘ長調で始まる。
作曲技術として興味深く、後にシューベルトが「5つのピアノ曲」(ピアノソナタ第3番)で採用している。

* 第2楽章 Andante ト長調 3/4拍子
複合三部形式。表情豊かにゆっくりと演奏するとよい。

* 第3楽章 Allegretto ハ長調 2/4拍子
ロンド形式。前楽章とは対照的に、元気よく、はねるように奏する。

第1楽章→第2楽章→第3楽章
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。