視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-06-01 19:04 | カテゴリ:ショパン
練習曲 (ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレデリック・ショパン作曲の練習曲(れんしゅうきょく)は、ピアノのための練習曲の中で最も有名なものの一つ。全27曲ある。
練習曲ではあるが音楽的にも完成された作品であり、弾きこなすには高度な技術と芸術的センスが必要である。演奏会でも取り上げられることが多く、愛称がついている作品も多い。
(なお、愛称はどれもショパン自身によるものではない。)

12の練習曲 Op.10
初版は1833年に発表された(一部は1829年には既に作曲されていた)。
その時ショパンは23歳、当時パリのサロンでは既にショパンは有名な作曲家、ピアニストとして認知されていた。
この曲集は当時作曲活動にひたむきであったフランツ・リストに捧げられ、二人が知り合うきっかけにもなった。

* 作曲年代:1829年~1832年
* 出版:1833年

第4番嬰ハ短調
両手とも大変急速、かつ半音、一音の細かい動きとオクターブを超える分散和音の動きが交互に現れる。
海外では「Torrent(激発、迸り)」の愛称で呼ばれることもある。
1曲の中でさまざまな技術を要するためか、全練習曲中屈指の難曲とされることもあるが[要出典]、そうでもないという意見もある。
他の曲のように特定の動きに特化して指を酷使したりせず、すべての指の動きがバランスよく配置されており、演奏者への局所的な負担が少ない割には極めて激しく情熱的な演奏効果をあげることができるとも言える。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/176-5e75bca8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。