視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-02-23 20:09 | カテゴリ:ベートーヴェン
エリーゼのために
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バガテル『エリーゼのために』(独:Für Elise)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作曲した、よく知られたピアノ曲である。
1810年作曲、イ短調。ロンド形式。WoO59の番号が与えられている。

楽曲の概要
3/8拍子。イ短調の属音であるe音と、半音下の音が揺れ動き、両手のアルペッジョへと続く特徴的な主題により、有名である。
ヘ長調に開始される愛らしいものと、主音の保続低音が鳴る激しいものと2つのエピソードを持ち、それらと主部との対比が明確で、形式的にも簡素で分かりやすい点などで、現代も多くの人に愛奏、愛聴されている。

エリーゼの正体
曲のタイトルにある「エリーゼ」とは誰のことなのか、未だに不明とされている。
「エリーゼのために」は、本来「テレーゼ(Therese)のために」という曲名だったが、悪筆で解読不可能など何らかの原因で「エリーゼ(Elise)」となったという説が有力視されている。
本曲の原稿はテレーゼ・マルファッティの書類から発見されたものであり、テレーゼはかつてベートーベンが愛した女性であった。
この説ではテレーゼ・マルファッティがエリーゼの正体ということになる。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/21-5277251c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。