視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-06-04 16:55 | カテゴリ:ショパン
スタニスラフ・ブーニン
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スタニスラフ・スタニスラヴォヴィチ・ブーニン (ロシア語: Станислав Станиславович Бунин, Stanislav Stanislavovich Bunin:1966年9月25日-)はロシアのピアニスト。
祖父はゲンリフ・ネイガウス、父はスタニスラフ・ネイガウス。

日本では最も有名な外国人ピアニストの一人。ピアノコンクールとして非常に権威の高い、ショパン国際ピアノコンクール(開催地:ワルシャワ)で第11回大会(1985年10月1日~21日)にわずか19歳で圧倒的な優勝をした。
これをNHKが特集番組を放送したことを端に、当時「ブーニン・フィーバー」(または「ブーニン現象」)が巻き起こり、これによって日本のクラシックファンの裾野を広げた。
専門家の間では演奏解釈はどちらかというと異端的と評され、ピアノ界で主流派とはみなされなかったが、これまでにない非常にメリハリのある演奏はクラシック音楽に疎遠な人々に歓迎された。
「ブーニン・フィーバー」を期にブーニン自身は日本を非常に好意的に思うようになり、頻繁に来日演奏会を催している。妻は日本人であり、家も日本にある。

北海道南西沖地震の際には、ピアノを抱え奥尻島を訪問し、演奏会を行った。
その時のピアノは奥尻町立宮津小学校に寄贈され、同島では丁重に保管されている。

個性
外見上スラッとした容姿は魅力的で、ソフトな印象と演奏中の横に振る体の動きがファッション的で、かなりの女性ファンが多い。
しかし演奏の方はどちらかと言うとドラマチックに設定をし、説得力のある演奏を追い求めた。
その結果テンポなどが遅めになりすぎたり、またスフォルツァンド等が鈍くなったりとテクニックの面では端正だが、個性に欠けるとして一方では批判の声もあった。
彼の有名な演奏ではショパンの24のエチュ-ド等が評価が高い。

幻想即興曲
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

幻想即興曲(げんそうそっきょうきょく、Fantaisie-Impromptu)作品番号66は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが1834年に作曲したピアノ曲である。
ショパンが作曲した4曲の即興曲のうち、最後に出版されたもの。

数あるピアノ曲の中で、最もよく知られる作品のひとつ。
現在の版はショパンの死後友人のユリアン・フォンタナが改稿し発表したもので、「幻想」の題も彼によって付けられた。

主部では、左手は1拍が6等分、右手は1拍が8等分されたリズムとなっている。
この場合、本来1拍を(6と8の最小公倍数である)24で分割してリズムを取らなければならないが、要求されたテンポでは24分割でリズムを取らずに演奏しても自然なリズムに聞こえる。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/226-3f26f1e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。