視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-06-06 01:22 | カテゴリ:ショパン
夜想曲第2番 (ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレデリック・ショパンの夜想曲第2番変ホ長調作品9-2は1831年作曲。
翌1832年に出版された。ピアノ製作会社プレイエルの社長カミーユ・プレイエルの夫人マリー(ベルリオーズの元婚約者)に対して献呈されている。
この曲はショパンのノクターンとしては最もよく知られた曲である。
また、第1番と同様、ジョン・フィールドからの影響を強く受けている。

Andante(音楽用語)(読み:アンダンテ)歩くような速さで。
8分の12拍子。ロンド形式風の A-B-A-B-A-C-C-コーダ という構成となっている。
始終右手は装飾音で飾られた旋律を歌い、左手は同じリズムの旋律が繰り返される。
旋律は再現のたびに装飾的に変奏され、ここにはショパンのイタリア・オペラの装飾的歌唱からの影響が見られる。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/275-453148f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。