視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-06-06 01:39 | カテゴリ:ショパン
小林愛実
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小林 愛実(こばやし あいみ 1995年9月23日 - )は、日本のピアニスト。

8歳より二宮裕子に師事する。
NHKや読売新聞でも何度か取り上げられ、またその功績から、山口県よりメダル栄光文化賞を3度受賞。
2009年現在、AADGTがマネージメントを担当。

夜想曲第20番 (ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレデリック・ショパンの夜想曲第20番遺作(KK. IVa-16=クリスティナ・コビラィンスカによる作品整理番号)は1830年春に作曲、1875年1月5日出版。
正式な献呈はないが、姉のルドヴィカ・ショパンがピアノ協奏曲第2番を練習する時のための曲として書かれた。

初版ではAdagioという標題がついていたが、ブラームスがこの曲を写譜する際にこの標題を消してしまったため、速度記号のみが残り “Lento con gran espressione” として知られるようになった。
また現在では夜想曲として知られるが、これはルドヴィカがショパンの未出版作品のカタログを作った際に「夜想曲風のレント(Lento w rodzaju Nokturna)」と記したことによる。

嬰ハ短調。4分の4拍子。三部形式。

Lento con gran espressione
4小節の助奏の後、左手が分散和音による伴奏、右手が旋律を歌う主題が現れる。

中間部の21小節目からはピアノ協奏曲第2番の一楽章と三楽章で用いられている旋律が現れる。
初稿譜では、左手が4分の4拍子の伴奏、右手がピアノ協奏曲の4分の3拍子の旋律という形で書かれていたが、後にショパン自身が4分の4拍子のリズムに書き換えた。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/277-062c1f9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。