視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-06-07 20:39 | カテゴリ:ショパン
ソン・ヨルム
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

孫 熱音(英語表記:Son Yeol-Eum, 1986年 5月2日- )は韓国・原州市生まれの女性ピアニスト。

略歴
3才からピアノを習い、1998年にデビュー。その後、キム・テジンに師事。
韓国芸術総合学校を卒業し、現在はハノーバー国立音楽大学校に在籍している。
18才の時、ショパンの練習曲(Op 10、Op 25)を全曲CD録音("Universal Music" )。

これまでに、ソウル市立交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、NHK交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団などと共演している。

コンクール受賞歴
* 1997年…第3回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクールに最年少で参加し第2位。
* 1999年…第3回オーベリン国際ピアノ・コンクールに最年少で参加し優勝。
* 2001年…第7回エトリンゲン国際ピアノコンクールに最年少で参加し優勝。
* 2002年…第53回ヴィオッティ国際音楽コンクールに最年少で参加し優勝。
* 2004年…第1回錦湖(クムホ)ミュージシャン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。
* 2005年…第11回アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール第3位。
* 2009年…第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで第2位。



練習曲 (ショパン)
フレデリック・ショパン作曲の練習曲(れんしゅうきょく)は、ピアノのための練習曲の中で最も有名なものの一つ。全27曲ある。
練習曲ではあるが音楽的にも完成された作品であり、弾きこなすには高度な技術と芸術的センスが必要である。
演奏会でも取り上げられることが多く、愛称がついている作品も多い。
(なお、愛称はどれもショパン自身によるものではない。)

12の練習曲 Op.25
* 作曲年代:1832年~1836年
* 出版:1837年
全てが3部形式で書かれているなど形式的な弱さが指摘されることがある。

第4番 イ短調
両手スタッカートの練習。左手の跳躍を正確に弾きこなすのも困難な課題の一つ。右手で謎めいた旋律が時にスタッカートで、時にレガートで演奏される。が、右手は左手のスタッカート伴奏も一部受け持っているのであり、両者を一度に右手でこなすのも困難である。なお、この曲のフランス初版のメトロノーム指定は四分音符=120であるが、ドイツ初版では四分音符=160と、指定の食い違いが見られる。(これはフランス初版の誤りであるともいう。)
  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/317-1931fc06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。