視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2008-06-08 19:24 | カテゴリ:ショパン
山本貴志
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 貴志(やまもと たかし、1983年4月12日 - )は、長野市出身のピアニスト。
2005年の第15回ショパン国際ピアノコンクールで4位に入賞した。ポーランド在住。

信州大学教育学部附属長野中学校、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを経て、2003年よりポーランド・ワルシャワの国立ショパン音楽アカデミーでパレチニ教授に師事。
2008年、アカデミーを首席で卒業。2005年のショパン国際ピアノコンクールで4位入賞を果たしたことにより一躍注目を浴びる。
2009年現在は東京に拠点を移し活動中。

マズルカ (ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレデリック・ショパンのマズルカはポーランド周辺各地方の民俗舞踊を昇華して作曲された50曲以上の作品群。
付点リズム・強調拍・三連符という元来の特徴をもちながら、マジャール音階・教会旋法など作曲者の斬新な取り組みが随所に確認できる。

ワルツと異なり形式的に洗練されていないが、転調を繰り返すなど和声進行も実験的であり、作曲語法を知る上で不可欠の作品である。

マズルカ作品59
(ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

作品59-2
変イ長調。洗練されたワルツ。
自筆譜では1枚の五線紙にすべて書き込まれている。
再現部での左手での旋律線は巧妙な変奏である。
コーダでは作者の常套手段である半音階的下降が美しい。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/353-e48f5f19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。