視聴クラシック音楽
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


2009-06-30 21:05 | カテゴリ:ショパン
スタニスラフ・ブーニン
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スタニスラフ・スタニスラヴォヴィチ・ブーニン (ロシア語: Станислав Станиславович Бунин, Stanislav Stanislavovich Bunin:1966年9月25日-)はロシアのピアニスト。
祖父はゲンリフ・ネイガウス、父はスタニスラフ・ネイガウス。

日本では最も有名な外国人ピアニストの一人。
ピアノコンクールとして非常に権威の高い、ショパン国際ピアノコンクール(開催地:ワルシャワ)で第11回大会(1985年10月1日~21日)にわずか19歳で圧倒的な優勝をした。
これをNHKが特集番組を放送したことを端に、当時「ブーニン・フィーバー」(または「ブーニン現象」)が巻き起こり、これによって日本のクラシックファンの裾野を広げた。
専門家の間では演奏解釈はどちらかというと異端的と評され、ピアノ界で主流派とはみなされなかったが、これまでにない非常にメリハリのある演奏はクラシック音楽に疎遠な人々に歓迎された。
「ブーニン・フィーバー」を期にブーニン自身は日本を非常に好意的に思うようになり、頻繁に来日演奏会を催している。
妻は日本人であり、家も日本にある。

北海道南西沖地震の際には、ピアノを抱え奥尻島を訪問し、演奏会を行った。
その時のピアノは奥尻町立宮津小学校に寄贈され、同島では丁重に保管されている。

経歴
1966年、ソ連時代のモスクワ生まれ。
父は当時の名ピアニストスタニスラフ・ネイガウス、祖父はモスクワ音楽院の名教授でギレリス、リヒテルの師でもあるゲンリフ・ネイガウスである。
母もまたピアニストでモスクワ音楽院出身で同教師でもある。
4歳から母にピアノの手ほどきを受け、その後も英才教育をうける。
そして、17歳にしてロン=ティボー国際コンクール(開催地:パリ)で最年少優勝を果たす。
翌年1984年よりショパン研究家のセルゲイ・ドレンスキーに師事した。
19歳でショパン国際ピアノコンクールに優勝したときは「協奏曲賞」と「ポロネーズ賞」も同時受賞している。
1988年6月に西ドイツ(当時)に亡命した。ヨーロッパ各地での活動に駆け回る。
89年に東芝EMIと契約し、その最初のリリースCD「バッハリサイタル」が90年の日本ゴールドディスク大賞を受賞した。
最も得意分野のショパンは勿論、ベートーヴェンのピアノソナタ、シューマン、J. S. バッハ、モーツァルトとレパートリーを広げている。
その輝かしい経歴から若手ピアニストと言ってはふさわしくないほど早熟で、デビューからこれまでの演奏解釈の変化も注目に値する。

個性
外見上スラッとした容姿は魅力的で、ソフトな印象と演奏中の横に振る体の動きがファッション的で、かなりの女性ファンが多い。
しかし演奏の方はどちらかと言うとドラマチックに設定をし、説得力のある演奏を追い求めた。
その結果テンポなどが遅めになりすぎたり、またスフォルツァンド等が鈍くなったりとテクニックの面では端正だが、個性に欠けるとして一方では批判の声もあった。
彼の有名な演奏ではショパンの24のエチュ-ド等が評価が高い。

練習曲第12番 革命のエチュード (ショパン)
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フレデリック・ショパンの練習曲ハ短調作品10-12(Étude Op.10, No.12)は『革命のエチュード』(かくめい - )として知られるピアノ独奏のための作品。
1831年頃に書かれた。
最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。

歴史
この練習曲は11月蜂起における1831年のロシアによるワルシャワ侵攻にほぼ同くして公表された。
ショパンは肉体的もろさのため暴動に参加することはできず、その怒りの感情を代わりにそのとき作曲した多くの作品にぶつけている。
その中で最も注目に値するのが、この革命のエチュードである。
失敗に終わったポーランドのロシアに対する革命が終結したとき、ショパンは「これは私に多くの痛みを残した。それを分かっていたのかもしれない!」と泣いた。

技術
左手のアルペジョと滑らかなポジションチェンジの練習である。
右手はユニゾンのときに一定の器械的技巧を必要とするのみならず、忙しい左手の上で十分に歌い、聞かせなければならず、高度な肉体的精神的技術を要する。
スパン(親指と小指との間隔)が大きい奏者には有利である。
ただでさえ低音が激しく動くので雑音に聞こえる場合も多い。
落ち着いた演奏が必要である。

最初の小節で必要とされる技術は、非常に高速で、長く激しく下降する和声的な短音階を演奏することであり、その長さとこれら急速なパッセージが多く繰り返される点で、他の練習曲とは異なる。

また、左手のパッセージは速いものの、それ程難しいポジションチェンジは存在しないので、ショパンエチュードop10 op25の中では演奏が容易な方である。

影響
この曲は同じ調で書かれたベートーヴェンのピアノソナタ第32番を暗示させる。
この曲の77-81小節と、ショパンが大いに感嘆したことで知られているベートーヴェンのピアノソナタ第32番第一楽章150-152小節が類似している。

  



秘密

トラックバックURL
→http://hikarupiano.blog62.fc2.com/tb.php/432-f3361b85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。